赤坂でワイン

赤坂のバイトで培ったワイン扱い方

大学生の時に赤坂のホテルでアルバイトをしていました。

 

宴会部門担当だったので、結婚式などではワインをお客さんに注いだりします。

 

なのでワインの扱い方を学ぶことが出来ました。

 

肉料理には赤ワインですし、魚料理には白ワインなんだとバイトで初めて知りました。
それまでは未成年でしたので飲酒は出来ないのでお酒自体興味ありませんでした。

 

たまにバーカウンターを担当することがあるので、ワインオープナーを購入したりしました。
それは仕事を辞めた現在も所持しており、たまに役に立ちます。

 

宴会や結婚式は時間との勝負なので、素早くワインを開ける必要があります。
なので時間が経つにつれ現在では1本開けるのに10秒くらいあれば開けることが出来るようになりました。

近の市販のワインはオープナーなしで開けることが出来るので、
あまり使っていませんが友達とワインを飲むときは私が率先して開けて、
注いであげるようにしています。
バイトで培ったワインの扱い方が役に立っているので勤めてよかったと思っています。