赤ワインはやっぱりスペインが最高!

赤ワインはやっぱりスペインが最高!

ワインと言えばフランスというのが日本での共通認識だと思いますが、世界的にはイベリア半島のワインが非常に注目されています。ざっくりと分けてしまえば、スペインの赤ワイン、そしてポルトガルの白ワインのクオリティが近年急激に上がってきているのです。

 

スペインと言えば、乾燥していて暑い、というイメージがありますがそれは一部。年間を通して穏やかな気候の地中海沿岸、緑豊かな北部、そして内陸の山岳部は雪に覆われ、それぞれ個性豊かなワインが造られています。

 

四街道の飲み屋ならここ!

 

スペインワインは他の国にはない「何か」を持っています。それはスペイン人独特の、明るく、開放的で、楽観的な性格に根ざしているようです。ワインの味わいを決定するのは、テロワールでもなく、技術でもなく、最終的には人です。

 

スペイン人に共通する人生を楽しむことにどん欲な性格は、ワインの味わいに色濃く反映されています。ワインと言うと難しい、勉強が必要だなどと考える傾向が日本にはまだありますが、スペインのワインを飲めば、ワインに蘊蓄がいらないことを全身で示してくれるでしょう。